05

26

コメント

6のつく日はご~にょごにょ。(40)

究極のどっちなんだよっ!


ドキュメンタリーが好きだ。
とくに野生動物の番組なんか見ると我ながら信じられない位のめり込んでみる。

ある日メスライオンが群れを離れて一人で子育てしている番組を見た。
五・六人の子供ライオンを連れて生きていく話だった。

せっかく獲物を見つけて追いつめても空腹で気の早っている子供に
足を引っ張られて獲物をゲットできずに四日間何も食べずに段々と空腹で動けなくなってしまう。
ある日母親はハゲタカの食べている中に突っ込んでいって獲物を横取りした。

ほとんど肉は残っていないのだが何とか少し動けるまでになって狩りに行く。
獲物はガゼル。
狙いを定めて狩りをしている途中でまたもや子供が先走る。
でも母親はそれを見越してガゼルを仕留めてみんなで久々の食事となる。
ヤレヤレだ・・・。(笑)

しかしOOOTAFUKUはこういうのを見ていると飢えて獲物をゲットできないライオン組に同情して
「がんばれっ!!」って思い獲物をゲットするとホッとするのだが
苦しんで何とかライオンから逃れようともがくガゼルを見ると「ああっ!ひどいっ!!」って思う。

食事が終わってホッ一息ついているライオンの親子を見ると「よかったね。」って思い
無惨に横たわるガゼルを見て「かわいそうに・・・。」って思う。

客観的に見てOOOTAFUKUって本当にどっちなんだよっ!の宝庫。(笑)

もちろん番組的には一つの話で何通りにも楽しめるわけだからいいお客さんかも?
でもココでハッと気づくのは・・・ハゲタカ。
ハゲタカがライオンに獲物を横取りされたのを見ても何とも思わなかった。

この方程式で言えば当然ハゲタカにも「ああっ!そんなぁ~。」って同情してもいいところなのだが・・・。
まったくなんとも思わなかった。(笑)
「いいじゃん。また探せばぁ~~!」みたいな?
この違いって我ながらどうなんだろう・・・。(笑)


伝説の終わりに。


五月伝説の終わりをもう少しで終わりをむかえようとしている。
OOOTAFUKUはもちろんだが一番ホッとしているのはうちのおとうであるのは間違いない。

先日ココテンのうちの子記念日の次の日に友人のアクマ獣医がうちに来て
車から出てきたとたんに「フワフワ見る?」と聞いてきた。

何も考えずに「見る見る!」といって車に行くと後部座席に何やら段ボールが・・・。
えぇっ!?またネコ?と思っていたらその段ボールの後ろからフワフワのシフォンケーキが。(笑)
そういえば一年前も自宅で咲いたバラの花とフワフワのシフォンケーキと
フワフワの毛玉二個を届けてくれたよな・・・って思い出した。

なかなかセンスのあるサプライズだったな・・・って。(笑)

アクマ獣医が「見る?って聞いてよくすぐに見る!って返事できるよねぇ~~。」って
呆れた調子で言って笑った。
そりゃアクマ獣医の性格では無責任にホイホイする性格ではないので
うちに連れてくるにはそれなりのワケがあるって事でって思ったわけだ。

まぁ実際に五月伝説に備えて昨年から何かあった時の養子先のあたりを付けてあるので
心に少し余裕があったのは事実だけどね。(笑)


そうやって養子先を探したりしているとうちにきてうちに残る子と養子に行く子って考えると
うちに残る子は可哀想だなぁって思う事がある。

本来なら一人か多くても二人でその子達中心に生活が流れる。
うちでは七人を均等に扱っているつもりでも完璧にできるというワケにはいかない。

一番怖いのは具合の悪いのを見過ごすことだ。
早期に気づいてやれなくて間に合わないと言う事もこれから先はあるかもしれない。

犬も二人一緒にって考えると千早の性分を考えるとドッグランには行かれない。
逆に千早はホームセンターに行っても買い物中に表で待たせていても
ほぼ問題なく過ごせるがビビりのナディアを人の多い所に行かせるのにははばかりがある。

そうやって一人で過ごす子達と比べるとかなり不自由だ。

まぁ本人たちがこれが当たり前と思っていることがなにより救われるが
たまに「OOOTAFUKUさんの所で幸せですよね~~。」とか言われると
そうでもないよ?と思ったりする。

昨日一昨日の写真館とかを見ると「違った幸せがあったかも・・・。」って思ったり
「安心して眠れて食べれて・・・それだけでもヨシとするか・・・。」と考えたり。
相変わらずどっちなんだよっ!?の応酬なのである。(笑)


ちなみにうちの母親は甲子園を見て負けている打者を応援してここぞと言う時に打つと
手を叩き泣きながら「よかったよかった」って喜ぶけど打たれてガクッと手を付いた投手を見ると
さらに泣きながら「可哀想にっ!」って号泣する。(笑)

OOOTAFUKUはこれを見て呆れるばかりだけど
客観的に考えるとこの「究極のどっちなんだよっ!」は認めたくはないけれど
アノ母親から引き継いだ遺伝子と言う事なのだな・・・ヤレヤレ。(笑)


            次回予告       明日はナディアのお話し。
                          サービスサービスぅ~~!みたいな?

本日はコメント欄開けています。お暇な人は遊びに来てねっ!!

応援ポチポチしてくれたら跳び跳ねて喜びます。いつもありがとう!!

スポンサーサイト


にほんブログ村

茶チャママ

私もその口かな??
母はプロレス見て大興奮
(こっちの方が面白い^^)
殴るけるって大嫌いな私父親似^^
何でも拾って育てたり怪我を治して自然に帰したり
ほっとけないんだな~
そんな私を笑って見守ってくれている旦那や息子に感謝
でも気難しい花御嬢はストレスの塊のようです><

05

26

10:16

*はなママ*

同じ番組を見てて、全く同じ事を思ったよ!
ライオンの子供がお腹を空かせてかわいそうだからがんばれ!って思うのだけど、いざ捕まえると、捕まったガゼルご可哀想だと思う。
ハゲタカには全然同情しないのはなぜだろう?(^-^;
弱肉強食の番組はつらいからあんまり見ないようにしてるんだけどね。
昔は野生動物の話は好きでよく見たんだけどね。
歳のせいかな?
5月伝説も終わりかな?ちょっと淋しい(笑)

05

26

16:00

OOOTAFUKU

茶チャママさんへ

そうなんだよね。
ほっとけないよね。でも周りの人の理解があればいいよ。
うちはもう限界だからと
チェックが厳しくなってるし・・・。(笑)
犬猫も仲間が増えるとそれだけ
ストレスがかかるのかなぁ~~。
上の子ほどストレスに感じるかもね。

05

27

21:08

OOOTAFUKU

はなママさんへ

見てた!?(笑)
いつも何となく見ていて最後は必死で見てるんだよ。
あんな映像を撮ってたらカメラ投げ捨てて
助けに入っちゃうだろうな・・・。
ライオン食べ物無かったら
お弁当分けたり・・・。(笑)
アタシも野生物はツライ事と見ないといけないので
本当はあんまり見ないようにしてんだけど
あの番組は三号が好きで見てるから
つい一緒になってみるんだよね。
昔「キタキツネ物語」とかってあったでしょ。
映画なんだけどアレ見に行って
もうドキュメンタリー映画は見ないって
決めたもん。可哀想であとが気になって仕方がない。
見ないからって現実は変わらないんだけどね。(笑)

五月伝説ははなママに任せた!!
来年から頼むよ??(爆)

05

27

21:14

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://oootafuku524524.blog.fc2.com/tb.php/573-e35d1c36

いらさりませ~~!楽しんでいってくださいね!!

プロフィール

OOOTAFUKU・・・通称ドラ。
大型のO型主婦。
おとう・子供3人(全員社会人)との5人家族。
基本ひきこもりのお気楽人間。

りん・保護猫・2007年9月頃
すず・保護猫・りんとは姉妹。
千早・赤柴・2010年1月25日生まれ。
なな・捨て猫・2011年4月頃
ナディア・黒ラブ・2012年3月4日生まれ。
ココ・捨て猫・2013年4月頃
テン・捨て猫・ココとは兄妹。男の子。
ちょび ノラ 2014年6月頃。男の子。

レギュラー紹介

訪問者数

現在の滞在者数

現在の閲覧者数:

ブログ開始から

にほんブログ村

ブログ開始から何日経った?

ブロとも申請フォーム

ランキング

Flashリバーシ

Designed by

Ad