05

06

コメント

6のつく日はご~にょごにょ。(48)

大袈裟な覚悟。



いつ死んでもいいと思ってる。でも死にたいと言う事ではない。

段取り人間のOOOTAFUKUには自分の死ぬ時期が分からないのが一番ツライ。
何故かと言うとやり残しの無いようにきちんと片づけることを片付け
後に残る人間が困らない様になるべく家事などの生活が滞らない様に割り振り
OOOTAFUKUがいなくなっても混乱が最小限になるようにしてから逝きたいのである。

昔子供の小さい時は「いま死ぬわけにはいかない!」と思って暮らしてきた。
でも今となっては子供はオッサンとオバはんになり結婚こそしていないけど
それぞれ働き自分で判断をして生きていけるようになった。

自分自身と犬猫の面倒、とりわけ散歩などのある犬の一生を見届ければ役目は終わる。
働いてばかりの生活で旅行とか食べ歩きとか遊びに行くことも皆無だったが
働くのが大好きだったので全然やり残した感はない。

こういうふうに書くとなにか大きな病気でも?と思うかもしれないがそんなこともない。
あちこちガタがきてはいるが死ぬほどのものではない。
なので誤解して読まないでね?ビックリするから。(爆)

随分小さい時からこうやって「今死んだら・・・。」って思って生きてきたので
自分にとってはごく当たり前の事なのだ。


理由はある。


小学校三年位の時に母方の祖母が泊まりに来て初めて見た初孫のOOOTAFUKUの顔を見て
「影が薄い子だ・・・早死にするね。」と言ったそうだ。
今のOOOTAFUKUを知っている人はこの話を聞くと爆笑するかも・・・。(笑)
あくまでも小学三年生当時の話だ。

それを聞いて縁起でもないと怒った両親はその後祖母を逆勘当したらしい。
母方の祖母に会ったのは後にも先にもそれ一回きりだ。
もう生きてはいないだろうけどそれさえもわからない・・・親にとってはそれ位腹が立ったのだろう。

当時その意味は分からなかったけど何となく「早死」の言葉だけは頭に残ってて
何をやるにも人生の終わりをすぐ先に感じていたのは今でもよく覚えている。

残酷な感じがするかもしれないが苦にしたことはない。
ただ死んだ後に周りがどうなるかはいつも考えてきた事だ。
子供にもOOOTAFUKUがいつ死んでも困らない様に暮らしていけ!と教えてきた。

そんなOOOTAFUKUも五十を超えてガハハと笑いながら暮らしている。
正直こんな年まで生きられるとは思わなかったのでちょっとラッキー感が漂うが・・・。(笑)



七人からもらっているモノ。


千早やナディアやねこんずを見ていると可愛くて可愛くて生きる力が湧いてくる。

この可愛い連中を幸せにしてきちんと最後を看取るために存在してるのでは?と錯覚するほどだ。
そして犬たちには最後まで自分達の足で散歩をしてほしい。
それにはOOOTAFUKU自身も頑張って歩かなければいけない。
まちがいなく生きる力をこの子達にに貰っているのだ。

実の子供よりおとうより愛しい。(笑)

人間の連中はOOOTAFUKUがいなくてもまぁ何とか自分で考えて行動することができる。
OOOTAFUKUは人間には厳しいので「がんばってちょ~~よ!」位にしか思ってないが(笑)
七匹ののためには一生懸命不自由のないようにしてやりたいと思うのだ。

その為だったらウルソが苦くても大きくても
百錠でも二百錠でものんでやるっ!と思うOOOTAFUKUであった。

あ、カンゾー君のご機嫌が悪いだけでオオゴトではありませんので・・・。(笑)
それ位何事も覚悟を決めて生きていきたいと言うお話です。


ちなみにおとうにそう言うと「俺がオムツするようになったら誰がやってくれんのよぉ~?」と。
人間には厳しいOOOTAFUKUは「それは自分で何とかしてもらわないと・・・。」とバッサリ!!
仕舞いには子供三号に「お父ちゃんのオムツ代えてね??」ってたのんでいた。

OOOTAFUKUとは反対に長寿の家系なので違う心配しないといけないのである。(笑)


 
          次回予告    明日は子供の力を感じたひと時の話。
                   サービスサービスぅ~~!みたいな?


草むしりに明け暮れたGW70リットルのゴミ袋5袋分を一人でやった。
ふと一番最初にやったところを見るともう小さく生えだしていた・・・。
粘着質のOOOTAFUKUが勝つか・・・打たれ強い雑草が勝つか・・・何だか勝負している気分になった。(笑)


草むしり中でも独り言の多いOOOTAFUKUに応援ポチポチを!!いつも応援ありがとうです。
久々に一位になってすごく嬉しかったです。(笑)

スポンサーサイト


にほんブログ村

こぐん

影うすくない、うすくない!
パソコン越しでも、しっか~り&みっち~り感じますよん、その存在を( ´∀`)

窓からねこんずたちに見物されながら
わんたちには散歩をせがまれながら
雑草と競争してる、ドラさんの存在感じるよぉぉぉ~~~(叫)

だから、いつまでも元気で、楽しいお話し聞かせてね(*´ω`*)

05

06

00:32

しまっちゅ

OOOTAFUKUさんのご両親は、とってもOOOTAFUKUさん思いだったんですね・・・
自分は今死んだら犬猫が心配で死にたくないです〜><;
でも自分が死んでしまったらあれはどうしようこれはどうしようっていうのはいっぱいありますな〜・・・
それはそうと、草取りお疲れさまです(笑
我家もGW初日にやりました・・・車庫の大掃除と敷地内の草取り・・・
でもOOOTAFUKUさんとは違い家族でやったので、OOOTAFUKUさん本当にお疲れさまでした〜!

05

06

00:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

05

06

08:27

すもっち

影薄い~~って~~??^^;
うそん!!
ブログ越しにバシバシ感じてる~~^^V

私も子供達に、「私がいつ逝ってもいいようにしなさい」
って話す^^;
そして、私より先には死ぬなと付け加える^^;
でも、実際には親はいて当たり前で、当然の存在なんだよね^^;
なかなか真実味がわかないね^^;
娘にいたっては、私が墓の土地の話しただけで機嫌悪くなってしまった^^;

家をあけるときは出来るだけ片づけて出かけるし^^;
ぼんさんのトイレなんかもきれいにして出たりする^^;

私の子供たちも私がいなくなってもそれなりに生活できるように
なってるから、娘に、、、
私に何かあったらぼんさんはよろしく!!
寂しい思いだけはさせないでね!!
保険金で家を建て替えて彼氏と住め!!って遺言した(笑)

でも、お互いに、生きているうちは、憎まれ口たたきながらでも
なにかと頑張らないといけないね^^

05

06

10:22

桜太かあさん

自分が死んだ後に周囲が困らないようにと考える気持ちは、なんか解る・・・実は私は早死にの家系なので(笑)
祖父母と父母を見送ったあとの遺品整理はなかなか大変だったので
(未だに捨てきれない物がたくさんある)自分は「えっ、これだけ?」って言われるくらいにしたいな~(笑)

OOOTAFUKUさんを見て「影が薄い」って言ったおばあちゃんは、いったいどこを見てそう思ったのか・・・昔の人の中には、やたらそういうことを言いたがる人がいたよね。それをバシッとはねのけたOOOTAFUKUさんのご両親はすごい! 今のOOOTAFUKUさんの影の濃さ(笑)はご両親が授けてくれたものですね。

わんにゃんが生きる力になるのなら、やはり毎年5月に例のアレとはいわずとも新しいソレを導入していけば、100まで生きられること間違いなし!! 
とりあえず、草取りお疲れ様でした。私も一人で草取り作業中です。

05

06

10:46

クラッチマン

こんばんは!

うちもうちも!!
もう大きくなった子供は、後は出て行くだけだし、
私には猫達が命…
トムはおじいちゃんがいるからね♪
彼らがいるから頑張れるってすごく分かるなあ。
だからOOOTAFUKUさん、まだまだ長生きしないと
いけないね。
私は、取り敢えずオヤジよりは先に逝こうと思ってます(^O^)

05

06

20:05

初めまして。ブログ楽しみにしています。私も生まれつき腎臓が悪く、OOOTAFUKUさんとまったく同じ考えで生きております。
辛い人工透析にもわが子(犬2・猫2)の為にわが子をきちんと
見取るために・・・と思いながら通っております。あの子達を
きちんと送るまでは生きていたいと思っております。
これからも、ブログ楽しみにしております。

05

07

14:07

OOOTAFUKU

コメントくださった皆様へ

まとめ返事になってごめんなさい。
お返事遅くなりまして・・・重ねてお詫びです。

いや・・・お恥ずかしい。
今は影が濃いよ?って自分で言うなって?
前にごにょで書いたけど昔はよくいじめられて・・・。(爆)
本当に今のアタシを知っている人が聞いたら必ず
爆笑されるよ。
でもそうやって思って生きてきたから今の自分があるような
気がしてるからそれはそれでよかったんだと思っているけど。

人間ってやっぱりこの為にっていう目標と言うか目的が
生きていくためにはいるのかもね。
そう考えるとうちの子達の面倒を見ている様で
面倒を見られていると言うか・・・。(笑)
それだけ動物には力があるっていつも思っているんだ。
本当に可愛くってね。同時に感謝もしてるんだ。

実子三人は充分に一人で生きて行けるだろうし
おとうも何だかんだとアタシよりは几帳面なんで
全然心配してない・・・我ながら人間には冷たい。(笑)

みんなのコメント読んでいて同じ考えの人が
こんなにいてくれてすごく嬉しかったなぁ~。
実はこんなこと書いたらみんなナニコレ?みたいに
なると思ってたから・・・。(笑)
元気が出るようなコメントありがとう。
本当にみんなにも感謝感謝です。


まさん??まさんでいいですか?
初コメントありがとうございます。
もしブログやっている様ならゼヒ教えてください。
やっていなくてもよろしかったらまた
コメント欄へ遊びに来てください。
こんなガチャガチャなブログですけど
このコメント欄は本編より面白いですよ?
常連さんになってくだされば嬉しいです。
お互いに細く長くでもいいから頑張りましょうね。
あ、でもアタシは病弱ですが体は太いです。(笑)
ありがとうございました。

05

08

01:48

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://oootafuku524524.blog.fc2.com/tb.php/389-37a78252

いらさりませ~~!楽しんでいってくださいね!!

プロフィール

OOOTAFUKU・・・通称ドラ。
大型のO型主婦。
おとう・子供3人(全員社会人)との5人家族。
基本ひきこもりのお気楽人間。

りん・保護猫・2007年9月頃
すず・保護猫・りんとは姉妹。
千早・赤柴・2010年1月25日生まれ。
なな・捨て猫・2011年4月頃
ナディア・黒ラブ・2012年3月4日生まれ。
ココ・捨て猫・2013年4月頃
テン・捨て猫・ココとは兄妹。男の子。
ちょび ノラ 2014年6月頃。男の子。

レギュラー紹介

訪問者数

現在の滞在者数

現在の閲覧者数:

ブログ開始から

にほんブログ村

ブログ開始から何日経った?

ブロとも申請フォーム

ランキング

Flashリバーシ

Designed by

Ad